吹抜けのある保育園】
2005年 着工 お引渡し
藤枝市
設計・施工:松永建築
梁間(スパン)がありましたので
構造用修正梁を使用しました。
建前から大きな雨にもたたられる事無く外部を早めに囲うことが出来、助かりました。
造り付けの棚を作製
(タモ集成材にて)
壁下地には桧の無垢板を使ってみました。
2階の高さを押さえながらも梁を見せて吹抜けにする事で、空間を広く見せることが出来ます。
シーリングファンの取付け
(二ヶ所)
床は幼児に優しいやわらかく暖かい無垢の桐フローリングを使用
幼児専用洗面器
低く取り付けました。
左:幼児用便器(ほんとに小さくてカワイイ便器です)
園児それぞれのカゴも用意され桐材で出来た椅子や机も搬入されていよいよ完成です。
2階に取り付けたサークル窓から陽が差し込みいい感じです。

ホール全体写真
腰板も桐材で仕上ました。
塗装:自然オイル塗装(クリア)

その後の様子を少し聞いてきました。
2006/07
Q.桐の床板は使っていていかがですか?少し色が変ったようですが?

A.はい。やわらかいので子供の使う木のおもちゃがテーブルから落ちただけでも、へこみ傷が付きます・・、でもその分、子供が転んでも安全ということですから。

Q.シーリングファンは使ってますか?

A.今は逆回転で使っています。

確かに2階はエアコンの冷房で涼しかったです。案外よく効きますね。勾配天井だからでしょうね。


この保育園は自然に囲まれた、たいへん良い環境のところにあります。   

           もりの家保育園ホームページ 

ホームへ戻る

Copyright 2006  松永建築 All rights reserved.